Japanese / English  
2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007
【受賞】

飯尾尚浩(大学院生),ライフサポート学会「奨励賞」, 『酸化チタン光触媒AFMプローブを用いたナノ加工技術の基礎研究』,2015.

永井萌土,日本機械学会奨励賞(研究), 『微生物と機械を融合した自律マイクロシステムの研究』,2015.

山本紘太(大学院生),精密工学会 2016年度春季大会実行委員会 ベストプレゼンテーション賞, 『白金触媒AFMプローブを用いたナノ化学加工技術の開発(第2報)』,2015.

【原著論文】

Moeto Nagai, Michihito Oguri, and Takayuki Shibata, "Characterization of light-controlled Volvox as movable microvalve element assembled in multilayer microfluidic device", Japanese Journal of Applied Physics,Vol. 54, p. 067001, 7pp, 2015.

Kazuya Fujimoto, Moeto Nagai, Hirofumi Shintaku, Hidetoshi Kotera, Ryuji Yokokawa, "Dynamic formation of a microchannel array enables kinesin-driven microtubule transport between separate compartments on a chip", Lab on a Chip Vol. 15, pp. 2055-2063, 2015.

Moeto Nagai, Kiyotaka Oohara, Keita Kato, Takahiro Kawashima, and Takayuki Shibata, "Development and Characterization of Hollow Microprobe Array as a Potential Tool for Versatile and Massively Parallel Manipulation of Single Cells", Biomedical Microdevices Vol. 17, Issue 2, 11 pp. 2015.

【国際会議】

Kota Yamamoto, Shingo Fujii, Junji Sasano, Moeto Nagai, Takayuki Shibata, "Localized Catalytic Chemical Etching of Silicon in Water by Platinum-coated Atomic Force Microscope Tip", 41st international conference on micro- and nanofabrication and manufacturing, World Forum, Hague, Netherlands, CDROM (2pp), 2015.

Takayuki Shibata, Goh Miyazaki, Terutake Hayashi, Moeto Nagai, "Hollow-Nanoneedle-Based AFM Probe for Electrokinetic Intracellular Delivery and Intracellular TERS Imaging", 41st international conference on micro- and nanofabrication and manufacturing, World Forum, Hague, Netherlands, CDROM (2pp), 2015.

Ryosaku Sakamoto, Yuya Matsuse, Moeto Nagai, Takayuki Shibata, "Development and Characterization of Dielectrophoretic Probe Array for Non-invasive Massively Parallel Manipulation of Single Cells", 26th 2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015), Nagoy University, Nagoya, Japan, 118-119, 2015.

Hiromi Furukawa, Naohiro Iio, Moeto Nagai, and Takayuki Shibata, "Fundamental Study on Nanofabrication Technique Based on Localized TiO2 Photocatalytic Reaction", The Irago Conference 2015, Irago Sea-Park & Spa Hotel, Tahara, Aichi, Japan, 118-119, 2015.

【国内学会】

加藤 慶,永井萌土,谷﨑耕平,川島貴弘,柴田隆行, 「光流体リソグラフィ法を用いたツリガネムシ駆動型マイクロ構造体のその場創成技術」, 日本機械学会東海支部第63期総会・講演会,名古屋,2pp,2014.

古原龍河,永井萌土,谷﨑耕平,川島貴弘,柴田隆行, 「電気化学的プロセスを用いたツリガネムシの透膜処理・運動制御技術の開発」, 日本機械学会東海支部第63期総会・講演会,名古屋,2pp,2014.

曽我智史,永井萌土,加藤啓太,川島貴弘,柴田隆行, 「双方向制御型電気浸透流ポンプを用いた超並列細胞操作技術の開発」, 日本機械学会東海支部第63期総会・講演会,名古屋,2pp,2014.

平野貴裕,永井萌土,小栗有寛,川島貴弘,柴田隆行, 「走光性藻類ボルボックスを駆動源とする光制御型マイクロシステムの開発」, 日本機械学会東海支部第63期総会・講演会,名古屋,2pp,2014.

川島貴弘,武藤一夫,山上貴広,永井萌土,柴田隆行, 「デジタル式アコースティックエミッションセンサの開発」, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会,東京,pp. 485-486,2014.

谷﨑耕平,永井萌土,川島貴弘,柴田隆行, 「流体分離構造をもつツリガネムシ融合マイクロ流体システムの開発」, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会,東京,pp. 485-486,2014.

小栗有寛,永井萌土,平野貴裕,川島貴弘,柴田隆行, 「走光性藻類ボルボックスを利用した微生物融合マイクロ流体システムの開発」, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会,東京,pp. 483-484,2014.

田中一匡,川島貴弘,永井萌土,柴田隆行, 「細胞形態イメージングのためのナノニードルアレイ搭載型多点同時計測イオンコンダクタンス顕微鏡の開発」, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会,東京,pp. 479-480,2014.

加藤啓太,永井萌土,曽我智史,松瀬優也,川島貴弘,柴田隆行, 「双方向制御型電気浸透流を利用した超並列細胞操作用マイクロプローブアレイの開発」, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会,東京,pp. 477-478,2014.

伊藤康治,小澤辰也,永井萌土,川島貴弘,柴田隆行, 「電場駆動力を利用した生体分子の細胞内デリバリー技術の開発」, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会,東京,pp. 473-474,2014.

梅垣彦希,石原祥貴,永井萌土,川島貴弘,柴田隆行, 「オンチップ細胞機能制御のための圧電駆動型マイクロ細胞培養デバイスの開発」, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会,東京,pp. 461-462,2014.

小澤辰也,伴野元紀,伊藤康治,永井萌土,川島貴弘,柴田隆行, 「細胞機能解析のためのナノニードル搭載型バイオプローブの開発」, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会,東京,pp. 451-452,2014.

松瀬優也,永井萌土,加藤啓太,川島貴弘,柴田隆行, 「超並列細胞アセンブリのための電場駆動力を利用した透明セルフィーダの開発」, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会,東京,pp. 443-444,2014.

加藤啓太,永井萌土,曽我智史,川島貴弘,柴田隆行, 「双方向制御型電気浸透流を利用した超並列細胞操作用マイクロプローブアレイの開発」, 第23回ライフサポート学会フロンティア講演会,東京,1A2-2, 2014.

【修士論文(2016年度)】

河原田 翔,『超高速3次元細胞アセンブリのための超並列単一細胞操作ノズルアレイの開発』

服部 悠太,『ツリガネムシと可動機械融合による環境応答デバイスアレイの開発』

坂本 良作,『超並列単一細胞操作のための誘電泳動プローブアレイの開発』

佐藤 直彦,『細胞機能解析のための扁平マイクロ流路搭載型バイオプローブの開発』

山本 圭太,『細胞機能制御のための低侵襲細胞デリバリー技術の開発』

山本 紘太,『白金触媒反応の局所空間制御によるAFMナノ化学加工技術の開発』